ジェイアール東日本企画 オンライン相談室 キクコト

電車利用者のインサイトにアプローチした戦略&クリエイティブ
「きき湯」「きき湯ファインヒート」 交通広告展開

クライアント名
株式会社バスクリン
実施年月
2020年11月~2020年12月
アイコン

POINT

❶独自の移動行動研究から導き出した戦略&クリエイティブ
❷ターゲットマインドとオケージョンを捉えた交通広告の有効活用

課題

・様々な疲労感を抱えがちなターゲットへの購買促進。

・電車利用者のインサイトを考慮した交通広告の活用。

  

  

施策

多様化する現代人の疲れに寄り添う「きき湯」「きき湯ファインヒート」と移動中のターゲットとの親和性を活かしたプロモーションを実施。

    
最も疲れを感じる場所・瞬間である電車内にて、生活者の「移動行動」にフォーカスをあてた当社研究プロジェクト「Move Design Lab」の知見を活用し、インパクトあるクリエイティブを開発・展開。
コロナ禍に電車で通勤中のターゲットの心情にアプローチするクリエイティブを複数種展開し、ターゲットの疲れに寄り添うとともに、降車後の商品購入の促進を狙った。
 

   

成果

展開後の広告効果調査において、交通広告接触者は、高い購入意向を示し、同時に展開していた他施策とのクロスメディア効果も非常に高い結果となった。

   

また、インサイトを意識した交通広告のクリエイティブは調査でも高い共感を得られたのに加え、隠れメッセージ(縦読み)に気づいた方々からの共感が多くSNS上で話題に挙げられた。

   

   

※当記事の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用はご遠慮ください。

もっと知りたい方は…

関連おすすめ記事

トップへ