ジェイアール東日本企画 オンライン相談室 キクコト

ターゲットのインサイトを捉えた屋外広告(OOH)の活用事例
駅構内の男子トイレをメディア化し、尿シミケア商品を訴求!

クライアント名
花王株式会社
実施年月
2020年5月~2020年8月
アイコン

POINT

❶通常既存広告媒体として取り扱われていない※1 駅構内の「トイレ」をメディア化し、屋外広告(OOH)として活用
❷尿シミケア商品と親和性の高い「トイレ」をタッチポイントに、ターゲットのインサイトを捉えたコミュニケーションを行った

課題

尿シミ防止スプレー「リリーフ メンズブロック」の新発売に伴い、商品認知を獲得したい。  

 

  

施策

全国主要都市の駅構内の男子トイレをメディア化し、尿シミケア商品を訴求した。

    

30代以上の男性の3人に1人が尿シミ経験者※2 であるもののほとんどの方が特に対策をしていない状態であり、ターゲットに対して自分ごと化を促すことが難しい商材であったことから、商品との親和性の高い「トイレ」を屋外広告(OOH)として活用することで、ターゲットのインサイトを捉えたコミュニケーションを行った。

  

本施策では、通常既存広告媒体として取り扱われていない駅構内の男子トイレのメディア化にあたり、JR東日本はもちろんのこと、東日本エリア以外との調整もワンストップで当社が請け負った。

 

  

【対象駅】JR東京駅・JR新橋駅・JR品川駅・JR新宿駅・JR池袋駅・JR横浜駅・JR仙台駅<JR東日本>、JR札幌駅<JR北海道>、JR大阪駅・JR広島駅<JR西日本>、福岡市地下鉄天神駅

     

※1  一部媒体を除く

※2  日本全国の30~69歳男性1万名を対象としたWeb調査において、尿をした後、キレが悪く尿が少ししみた経験があると回答した人数から算出。(2019年12月花王様調べ)

 

   

         

成果

「メンズブロックの広告をトイレでみた」という、SNSでの反響がみられた。

   

   

※当記事の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用はご遠慮ください。

もっと知りたい方は…

関連おすすめ記事

*

人気記事

【デジタルサイネージ導入企業】通信費用を安価にする方法|JR東日本企画
【事例で解説】企業ブランディング 成果を出す5つの実践ポイント
認知度向上を狙った施策の成功事例に学ぶ!認知獲得のポイントとは?
アイデアにお困りの方必見!販売促進の成功事例3選

PICK UP 事例

冬の風物詩となった「JR SKISKI」キャンペーン
JR東日本の公式キャンペーンと連動した企業コラボ事例LINE Beaconを活…
CMのためにオリジナルシーンを描き起こし!映画『天気の子』タイアッププロモーシ…
人気アイドル「乃木坂46」を起用した老舗和菓子メーカーのSNSプロモーション
トップへ