ジェイアール東日本企画 オンライン相談室 キクコト

CI開発とPRイベントで「Osaka Metro」の誕生をプロモーション

クライアント名
大阪市高速電気軌道株式会社
実施年月
2018年4月
アイコン

POINT

❶ブランドコンセプト・ロゴマーク等、CI開発を担当
❷「ロゴ披露式」や「出発式」などのPRイベントも手掛け、立体的に新会社をプロモーション

課題

大阪市交通局より民営化し、2018年4月1日に誕生する「大阪市高速電気軌道株式会社」の認知獲得およびCI構築。

   

   

施策

企業ロゴや、愛称(Osaka Metro)、ブランドコンセプト「走り続ける、変わり続ける」等を民営化前より一括して受注し、民営化に向けて共に準備を行うパートナー企業としての関係性を構築。

   

民営化に際しては、広告物(交通広告・新聞)に留まらず、大阪市長や新会社社長を迎えた「ロゴ披露式」や、新しいロゴに変わった車両の「出発式」等のPRイベントも実施した。

 

 

   

   

    

成果

「民営化」というニュースを立体的にターゲットに伝えることに成功。ロゴや愛称は瞬く間に利用者に認知され、地元の方々からポジティブな反応を得られた。

  

  

※当記事の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用はご遠慮ください。

もっと知りたい方は…

関連おすすめ記事

*

人気記事

【デジタルサイネージ導入企業】通信費用を安価にする方法|JR東日本企画
【事例で解説】企業ブランディング 成果を出す5つの実践ポイント
認知度向上を狙った施策の成功事例に学ぶ!認知獲得のポイントとは?
アイデアにお困りの方必見!販売促進の成功事例3選

PICK UP 事例

冬の風物詩となった「JR SKISKI」キャンペーン
JR東日本の公式キャンペーンと連動した企業コラボ事例LINE Beaconを活…
CMのためにオリジナルシーンを描き起こし!映画『天気の子』タイアッププロモーシ…
人気アイドル「乃木坂46」を起用した老舗和菓子メーカーのSNSプロモーション
トップへ