【企業ブランディング】CI開発とPRイベントで「Osaka Metro」の誕生をプロモーション

クライアント名
大阪市高速電気軌道株式会社
実施年月
2018年4月
アイコン

POINT

❶ブランドコンセプト・ロゴマーク等、CI開発を担当
❷「ロゴ披露式」や「出発式」などのPRイベントも手掛け、立体的に新会社をプロモーション

課題

大阪市交通局より民営化し、2018年4月1日に誕生する「大阪市高速電気軌道株式会社」の認知獲得およびCI構築。

   

   

施策

企業ロゴや、愛称(Osaka Metro)、ブランドコンセプト「走り続ける、変わり続ける」等を民営化前より一括して受注し、民営化に向けて共に準備を行うパートナー企業としての関係性を構築。

   

民営化に際しては、広告物(交通広告・新聞)に留まらず、大阪市長や新会社社長を迎えた「ロゴ披露式」や、新しいロゴに変わった車両の「出発式」等のPRイベントも実施した。

 

 

   

   

    

成果

「民営化」というニュースを立体的にターゲットに伝えることに成功。ロゴや愛称は瞬く間に利用者に認知され、地元の方々からポジティブな反応を得られた。

  




さまざまな事例を生み出す当社について、もっと詳しく知りたい方は
以下の「COMPANY CREDENTIAL 2023」をダウンロードください!

  

※当記事の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用はご遠慮ください。

関連おすすめ記事

人気記事

【最新版OOH 効果測定】位置情報データ活用で、広告効果を可視化!
子育て層向けメディアおすすめ10選!種類や活用のポイントも解説
【解説】ジオターゲティング広告 | 活用法、位置情報広告の最新事例
【ターゲティングできるテレビCM】TVerの広告を現役代理店社員がどこよりもわ…

PICK UP 事例

【プロダクトプレイスメント成功事例】商品が物語の重要アイテムとして作品に登場!…
【商品開発支援】マルサンアイ×jekiイマドキファミリー研究所 共同商品開発事…
【ブランドムービー】人気アイドル「乃木坂46」を起用した老舗和菓子メーカーのS…