ジェイアール東日本企画 オンライン相談室 キクコト

茨城県の「いばらき観光誘客推進事業」の一翼を担った『プレイアトレ土浦』コンテンツタイアップイベントをプロデュース

クライアント名
株式会社アトレ
実施年月
2020年9月~11月
アイコン

POINT

❶茨城県の「いばらき観光誘客推進事業」としての『プレイアトレ土浦』コンテンツタイアップイベント
❷大人気TVアニメ「弱虫ペダル」とタイアップした、デジタルスタンプラリー施策をプロデュース

課題

・「いばらき観光誘客推進事業」参画施策のプロデュース
・『県内観光地』への集客促進
・withコロナ期における新たなイベントモデルの策定

        

  

施策

2018年の第一期開業より継続してパートナーとして広告コミュニケーションを実行してきた、
『プレイアトレ土浦』(運営会社:株式会社アトレ様)が、「いばらき観光誘客推進事業」へと参画するにあたっての施策プロデュースを実行。

『プレイアトレ土浦』は、つくば霞ヶ浦りんりんロードのゲートウェイ施設であり「日本最大級のサイクリングリゾート」が基本コンセプトであることを鑑み、
自転車ロードレースをテーマにした大人気TVアニメ「弱虫ペダル」とのタイアップを提案、ヴァーチャルとリアルを融合させた、withコロナ期における新たなイベントモデルに取り組んだ。

茨城県南エリアを舞台としたARデジタルスタンプラリー(スマートフォン対応)を中心に据え、
ARフォトフレーム・オリジナルクリアファイルのプレゼント、抽選施策をフックに、エリア内の周遊ならびにプレイアトレ土浦への集客を生み出した。

また、フォトスポットや等身大パネルの設置、一部ショップ限定でのオリジナルグッズプレゼント等、作品ファンに喜ばれる施策を全方位で実行。



©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会



成果

サイクリストのみならず、コンテンツファン集客に成功したことで、
『サイトアクセス』『県内観光地への送客』といった指標で、目標値を達成。

    


※当記事の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用はご遠慮ください。 

もっと知りたい方は…

関連おすすめ記事

*

人気記事

【デジタルサイネージ導入企業】通信費用を安価にする方法|JR東日本企画
【事例で解説】企業ブランディング 成果を出す5つの実践ポイント
認知度向上を狙った施策の成功事例に学ぶ!認知獲得のポイントとは?
アイデアにお困りの方必見!販売促進の成功事例3選

PICK UP 事例

冬の風物詩となった「JR SKISKI」キャンペーン
JR東日本の公式キャンペーンと連動した企業コラボ事例LINE Beaconを活…
CMのためにオリジナルシーンを描き起こし!映画『天気の子』タイアッププロモーシ…
人気アイドル「乃木坂46」を起用した老舗和菓子メーカーのSNSプロモーション
トップへ