ジェイアール東日本企画 オンライン相談室 キクコト

駅広告の代表的なメディア
JR東日本の駅の費用例・効果・活用法4選。目的に合ったメディア選択の「目利き」が最重要

吉田 明生

吉田 明生

こんにちは、ジェイアール東日本企画オンライン相談室「キクコト」の吉田明生です。
「キクコト」は、お客さまの広告課題に対して無料相談対応から提案・実行までをサポートする
(株)ジェイアール東日本企画運営のオンライン相談サービスです。


今回のテーマは、『駅広告の代表的なメディア・JR東日本の駅の費用例・効果・活用法4選。目的に合ったメディア選択の「目利き」が最重要』です。

一口に駅広告と言っても、それぞれの目的に合わせた効果的な使い方があります。交通広告未経験の企業さまや、地方都市に拠点を構えておられる企業さまで、もし「首都圏で自社商品の認知度を向上させたい」などの課題をお持ちでしたら、ぜひ参考にしてください。

 

  

もくじ

 

駅広告の代表的なメディア・費用例・効果を4つご紹介。
広告の目的に応じて、メディアを選択する視点が最重要。

駅にはさまざまな広告メディアがあり、広告の目的に合わせた選定や組み合わせで、より高い費用対効果が期待できます。
下の図は、弊社のメディアガイドに収録してある駅広告の一覧です。ざっと挙げるだけで14種類の広告
メディアがあります。
以下、駅広告の代表的なメディアごとに、効果と費用を紹介していきますので、費用対効果を試算する上での参考にしてください。

 

 


                              2021年jekiメディアガイドより

 

 

①駅ポスター:誰もが認める注目度の高さ。商品や会社の認知向上を促したい場合のファーストチョイス

皆さんも駅の通路を歩いていると、駅ポスターは目に入ってくることが多いのではないでしょうか。

テレビ、新聞、雑誌、インターネットなどのメディアと比較してもそのサイズは圧倒的に大きく、自然と視界に入ってきます。また、駅ポスターはターゲットが通勤や移動でひんぱんに歩く場所に掲出できることが何よりの強みです。

特に下の画像のような「連貼」(れんばり)と呼ばれる連続スペースを活用した駅ポスターは、表現できることも注目度も格段にアップします。

 

B1ポスター×10枚

 

ポスター連貼り費用の参考
東京駅で10枚分の連続スペースを使った駅ポスターを7日間掲出すると、広告料金は300,000円です。掲出期間は基本的に一週間になります。


(駅広告の費用については、「駅広告費用のメカニズムを実務経験者が解説!」の記事で詳しく紹介しています)

もちろん単駅での展開だけでなく、首都圏の主要駅を網羅したセット商品も用意されています。
同じビジュアルのポスターを10枚連続で掲出してもよし、横長のスペースを活かしたワイドな1枚もので迫力を出すもよし、自由に設計することができます。またQRコードをつけて、ホームページへ誘導する仕組みもあります。 

※掲出可能箇所に制限があります。


 

 

②サインボード:電車待ちの時間で必ず目にし、長期間の掲出が特徴。認知拡大はもちろん、実店舗と連動させるエリアマーケティングにも最適 

上の画像にあるような大型のメディアがサインボードです。電車待ちの時に必ず目にするので、当然訴求効果が高いです。

駅ポスターが1週間単位での掲出に対し、サインボードは1か月単位と比較的長期間の掲出に適したメディアと言えます。大きなスペースを活かしたインパクトある新商品訴求はもちろん、日常的に駅を使う人に向けた実店舗と連動させたスポーツ施設や英会話の教室、医院などのエリアマーケティングにも適しています。通勤電車を待つ位置は人によって決まっているものですが、それが一つのサインボードの前だったりすると、その人に対する刷り込み効果は絶大なものとなります。

サインボード費用の参考
サインボードについては、駅、サイズ、繁忙期などにより料金が変動するため、ここでは割愛します。

(駅広告の費用については、「駅広告費用のメカニズムを実務経験者が解説!」の記事で詳しく紹介しています)

 

 



③自動改札ステッカー:利用者が必ず通る場所で、商品名などを繰り返し
刷り込みたい時のベストメディア

上の画像のように、「自動改札機の改札正面と、Suicaタッチ面の先(右の写真)」の2か所に掲出する広告です。

定期券利用者などが、毎日2回以上必ず接触するため、高い反復効果(フリークエンシー)と広告到達率が見込めます。

日用品などの新商品の認知獲得広告や新しい習慣を促す利用促進広告など、利用者に繰り返し刷り込みたい広告施策に最適のメディアです。

自動改札ステッカーの一番人気商品は、「山手36駅」セット。山手線内のトータル1,284台の自動改札機をカバーしたセット商品です。


自動改札ステッカー費用の参考
自動改札ステッカーを、「山手ハーフセット」※で1週間掲出すると、広告料金は4,500,000円です。掲出期間は、基本的に1週間単位です。
※「山手ハーフセット」は、新宿・池袋・渋谷・東京・品川・新橋・秋葉原・高田馬場・上野・有楽町・田町・浜松町・恵比寿・五反田・大崎・原宿駅の自動改札機にステッカーを掲出するプランです。

 
(駅広告の費用については、「駅広告費用のメカニズムを実務経験者が解説!」の記事で詳しく紹介しています)


 


NewDays ビジョン:見て、すぐに店舗で買ってほしい商品を訴求するの
に最適


NewDaysビジョンとは、上の画像のようなJR東日本のコンビニ「NewDays」やKIOSK店舗など、駅にある店舗のビジョンです。購買地点に近い広告接触を狙いたい場合は、エキナカ好立地のJR東日本のコンビニ「NewDays 」やKIOSK店舗に設置されたデジタルサイネージが、高いリーセンシ―効果※を発揮します。ビジョンで見た商品が、目の前の店にあるということで、購買に直結する可能性が高まります。(※リーセンシ―効果とは:購入直前に接触した広告が購買行動に影響を与える効果のこと)

またエキナカでは珍しく、音声発信も可能です(一部未対応もあり)。首都圏内149駅322面のデジタルサイネージにネットワークで配信することもできます。(1週間単位15秒スポットが基準)

さらに、6:00~24:00の時間帯の内、朝(6:00~10:00)昼(10:00~17:00)夜(17:00~24:00)で放映内容を変更することもできます。

NewDaysビジョンの費用の参考
NewDaysビジョンを1週間、首都圏149駅322面でネットワーク配信すると、広告料金は2,200,000円です。(15秒CM)掲出期間は、基本的に1週間単位となります。


(駅広告の費用については、「駅広告費用のメカニズムを実務経験者が解説!」の記事で詳しく紹介しています)



まとめ:目的を明確にすれば、駅広告の効果的な活用法が見えてくる

ここまで代表的な4つの駅広告の形式を、効果的な使い方や費用例とともにご紹介しました。

交通広告は、表現のアイデア次第でインパクトや話題性によるSNSでの拡散という、想定以上の2次効果も期待できる広告メディアです。そこが他のメディアと少し違うポテンシャルだと思います。

JR東日本利用客の1日の推定利用客数1,181万人×1週間の平均利用回数9.6回=11,290万人※が日々接触するのが、駅をはじめとする交通広告メディア。

ジェイアール東日本企画では、この圧倒的な「JR東日本の駅」のメディアパワーを、当社独自のシミュレーションツールで最適化し、費用対効果を最大限発揮するプランをご用意しています。

詳しくは、交通広告を費用対効果から検証。賢く安く使うなら、実は今!」の記事へ

「販路拡大のため一大消費地である東京で、ブランドの認知度を上げたい」「東京の優秀な就活予備軍学生に、我が社をアピールしたい」とお考えなら、JR東日本の駅広告を検討してみてはいかがでしょうか?

当社では現在、ポストコロナ・ニューノーマル時代に対応した様々な駅広告のプランも期間限定でご用意しています。最新の情報をキャッチアップしつつ、交通広告を効果的にプランニングしたいという方は、ジェイアール東日本企画オンライン相談室「キクコト」までお気軽にお問い合わせください。
お客さまに、費用対効果を最大化する広告のプランニングをご提案いたします。

*オンライン相談サービスの概要は☞こちら


※「jeki首都圏移動者調査2019」ジェイアール東日本企画調べ
※記載した料金は2021年度料金表より抜粋。料金はすべて税別です。

もっと知りたい方は…

icon この記事を書いた人

関連おすすめ記事

*

人気記事

【デジタルサイネージ導入企業】通信費用を安価にする方法|JR東日本企画
【事例で解説】企業ブランディング 成果を出す5つの実践ポイント
認知度向上を狙った施策の成功事例に学ぶ!認知獲得のポイントとは?
アイデアにお困りの方必見!販売促進の成功事例3選

PICK UP 事例

冬の風物詩となった「JR SKISKI」キャンペーン
JR東日本の公式キャンペーンと連動した企業コラボ事例LINE Beaconを活…
CMのためにオリジナルシーンを描き起こし!映画『天気の子』タイアッププロモーシ…
人気アイドル「乃木坂46」を起用した老舗和菓子メーカーのSNSプロモーション
トップへ