ジェイアール東日本企画 オンライン相談室 キクコト

駅広告費用のメカニズムを実務経験者が解説!

吉田 明生

吉田 明生

こんにちは、ジェイアール東日本企画オンライン相談室「キクコト」の吉田明生です。今までに駅広告を始めとした広告を制作してきた視点から、さまざまなマーケティング情報や広告に関するお話をしていきます。御社の広告課題の解決に、少しでもお役に立てれば幸いです。


今回のテーマは、「実務経験者が解説!駅広告、費用のメカニズム」です。
首都圏だけでも、たくさんの駅があります。そして、それぞれの駅にたくさん広告が掲出されていますよね?
一口に駅広告と言っても、どの駅に掲出するかでその費用と効果は異なります。


首都圏鉄道利用者の約70%(約1,181万人)が利用している鉄道会社ということで、ここでは代表例としてJR東日本の交通広告についてご紹介します。

交通広告未経験の企業さまや、地方都市に拠点を構えておられる企業さまで、もし「首都圏で認知度を向上させたい」などの課題をお持ちでしたら、ぜひ参考にしてください。

 

 

 目次

 

 

駅広告の費用は、駅の乗降客数で決まるって本当?

駅に掲出するポスターの費用は、人の乗り降りが多い駅ほど高くなります。接触する人数(リーチ数)が多ければ、認知度も上がるわけですから当然と言えば当然です。(新聞や雑誌など他のメディアも発行部数が多いものほど広告掲載の費用が高くなるのとメカニズムは同じです)

やはり、JR東日本や私鉄、地下鉄など色々な鉄道が集まるターミナル駅が乗降客数も多く広告費用も高め。ただし、最終的には乗降客数だけではなく、需要と供給のバランスで費用が決まります。


どういうことかと言うと、渋谷駅は池袋駅より乗降客数は少ないですが、若者が多く利用し、話題が拡散されやすいという特徴があります。また、ニュース番組などでも頻繁に取り上げられるのは、渋谷駅前だったりしますよね。
そのため、多くの企業が掲出を希望する人気駅であることから、渋谷駅は池袋駅より費用が高くなっているのです。 客観的なデータだけでなく、PR効果などの副次的な視点も加味される点が、おもしろいですね。




駅って、実は8つのランクに分けられているんです。

ご存知ない方も多いと思いますが、JR東日本の駅は広告掲出のパフォーマンス度によって、SからA、B、C、D、E、F、Gの8つのランクに分けられています。そしてランクに応じて掲出料金も決められています。たとえば


Sランク(以下の2駅のみ!)

新宿駅

渋谷駅


Aランク

池袋駅

川崎駅

大宮駅

西船橋駅 他


Bランク

北千住駅

武蔵小杉駅

錦糸町駅

三鷹駅 他


Cランク

信濃町駅

武蔵浦和駅

西八王子駅

新浦安駅 他


Dランク

北赤羽駅

西国分寺駅

横須賀駅

越谷レイクタウン駅 他


Eランク

新三郷駅

葛西臨海稿公園駅  他


Fランク

海老名駅

韮崎駅 他


Gランク

伊豆多賀駅 他


下の表をご覧くだされば一目瞭然ですが、SランクとGランクでは掲出費用に10倍以上の開きがありますね。
首都圏エリアと一括りに言っても、ど真ん中の駅といちばん端っこの駅では、費用感にも大きな差が出てきます。
なお、ポスターの掲出期間は1週間単位です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 駅ランク-1.png

       



日本一多い「JR新宿駅」の1日乗車人員は?

JR東日本の駅で日本一乗降客数が多いと言われる「新宿駅」の1日平均の乗車人員はどれくらいだと思いますか?
正解は約78万人。ただしこれは乗車人員だけの数字で降車人員を入れると倍の150万人くらいと推測されます。

さらに中央線や総武線、山手線などJR線間で乗り換える人は改札を出入りしませんので、その人たちもカウントすると間違いなく200万人は超えるでしょう。2位の池袋駅の乗降客数が約110万人だということを考えると、圧倒的に多くの人が新宿駅を行き来しています。


多くの人の目に触れるという意味ではリーチも期待でき、通勤通学の定期券利用者が多いので、同じ人に繰り返し刷り込みができる(フリークエンシー)ことも特徴です。


※ベスト10のみ抜粋


参考までに、他の私鉄などの新宿駅の乗降客数もご紹介しますと、京王電鉄新宿駅※788,567人、小田急電鉄新宿駅※516,876人、西武鉄道西武新宿駅※183,666人、東京メトロ新宿駅※237,552人、都営地下鉄新宿駅※313,339人。鉄道会社を合わせると、半端ではない人数の移動がクロスしている新宿です。

※2019年の各社データより


ちなみにSランクの新宿駅でB1ポスターを1枚、7日間掲出すると42,000円です。200万人超という利用客総数を考えると、JR新宿駅42,000円は相対的に費用対効果が高いようにも感じますね。


参考料金:京王電鉄新宿駅34,000円、小田急電鉄新宿駅37,000円、西武鉄道西武新宿駅32,000円、東京メトロ新宿駅33,000円、都営地下鉄新宿駅30,000円。

 

なお、駅ポスター以外の駅広告の種類と費用について知りたい方は、こちらの記事もご覧ください!

    

 



まとめ:駅広告の費用をシミュレーションツールで最適化することも可能。

駅広告の費用についてかいつまんでご紹介しましたが、お役に立てましたでしょうか?
「なんとなく駅広告の費用についてはわかったけど、自社のケースではいくらになるの?」という方もいらっしゃると思います。

ジェイアール東日本企画では、当社オリジナルのシミュレーションツールにより、首都圏2,278駅・171路線、関西1,603駅・147路線を対象に、広告費用内でのリーチが最大になる交通広告ユニットの組合せをシミュレーションで弾き出し、最適なプランをご提案することが可能です。
広告費用の最適シミュレーションについて詳しく知りたい方は、こちらから

   


また、多くの人にリーチできても肝心の広告表現が伝わり難いと、せっかくの広告費用もムダになります。当社では目的に合わせた表現アイデアも多くの成功事例を持っていますので、掲出プランと合わせてご提案ができます。
当社表現アイデア事例をご覧になりたい方は、こちらから

https://online-soudan.jeki.co.jp/works/


「販路拡大のため一大消費地である東京で、ブランドの認知度を上げたい」「東京の優秀な就活予備軍学生に、我が社をアピールしたい」などの課題をお持ちなら、JR東日本の駅広告を検討してみてはいかがでしょう?


当社では現在、ニューノーマル時代に対応した様々なプランもご用意していますので、最新の情報を知りたい方は、キクコトまでお気軽にお問い合わせください。

キクコトのオンライン相談はこんなイメージ

※記載した料金は各社2021年度料金表より抜粋。料金はすべて税別です。

もっと知りたい方は…

icon この記事を書いた人

関連おすすめ記事

トップへ