ジェイアール東日本企画 オンライン相談室 キクコト

TVer広告を代理店社員がわかりやすく説明!~ターゲティングできるテレビCM!~

鳥飼 悠人

鳥飼 悠人

こんにちは。ジェイアール東日本企画オンライン相談室「キクコト」相談パートナーの鳥飼です。

“ ターゲティングできるテレビCM ” TVer広告のポイントを、
これまでTVer広告を実際に提案してきた広告代理店社員 鳥飼がまとめてみました。
貴社のマーケティング活動の参考に是非ご一読くださいませ。

 

目次

 

 

「TVer(ティーバー)」とは?

はじめに、TVerについてあらためてご紹介します。
TVerとは、民放TV番組の見逃し配信を視聴することができるポータルサービスです。

放送終了から7日間限定で、民放各局の番組(すべての番組ではありません。)が視聴可能。
スマートフォンアプリ、PCブラウザ、コネクテッドTV等、様々なデバイスに対応しているため、
好きな時に、好きな場所で好きな番組を観られます!

2015年のサービス開始から着々とDL数を伸ばし、2021年2月でDL数3,500万を突破、
世の中的にかなりメジャーなサービスになってきています。
(※株式会社TVer 2021年4月12日プレスリリースより)

好きなドラマをリアルタイムで見逃したり、録画し忘れたりした時でも、
「TVerで観られるから大丈夫!」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。




TVerに広告って出せるの?

実際に視聴経験のある方はご存知の通り、
TVer等の見逃し配信サービスでは番組冒頭や合間に動画広告が流れておりますので、
例えば私たち広告代理店にご相談いただければ、出稿いただくことが可能です。

私個人の印象ではありますが、番組の冒頭や合間でタイミングをはかって動画広告が配信されるのは
テレビ視聴時と似た感覚で、
YouTube等にありがちな、「視聴を急に中断させられる感」がないのは良い点ですよね。



TVer広告の種類

少し複雑なのがこの部分です。
TVer広告を出稿する際の買い付け方法には、大きく分けて2つあります。


●純広告としての買い付け
└ 一回放映あたり▲円という形でCM出稿を行うシンプルな形です。
  視聴者が利用登録の際に入力した性別や年齢データを広告配信に利用できます。


●PMPメニューとしての買い付け
└ CPM(1000回掲載)での購入となり、DSPと言われているプラットフォームからの買い付けとなります。
  プラットフォームが利用しているデータとの掛け合わせにより、精度の高いターゲティングが可能になります。



なお、細かなターゲティングができる分、PMPメニュー放映単価のほうが高くなる傾向があります!



PMPメニューは、様々な種類がローンチされていて、
当社ジェイアール東日本企画でも、
テレビ視聴データを用いて、
テレビCMに接触している人や、
特定の番組を観ている人に対して
見逃し配信サービスに広告を配信することができる
「jeki- PMP」というメニューを用意しております。
ご興味がありましたら、
資料DLのうえ、ご一読ください!




TVer広告のメリットとは?

TVer広告のメリットは、「テレビCMとWeb動画広告のいいとこどりができる点」とよく言われます。
もう少しわかりやすく表現すると、


『テレビCMと近い環境でメッセージを届けられる』

      
      ×


『Web動画広告のように、様々なデータと掛け合わせて高精度なターゲティングができる』


というイメージです!




『テレビCMと近い環境でメッセージを届けられる』を詳しく
~その他Web動画広告との違い


『テレビCMと近い環境でメッセージを届けられる』とはどういうことか、
その他Web動画広告との違いをベースにご説明します。


●ブランドセーフティ
└ TVerを構成するコンテンツは、地上波で放映された番組の見逃し配信が主となります。
  そのため、地上波と同様の厳しい放映基準を通過した番組のみが配信され、
  広告主のブランドイメージを損ねてしまうリスクをはらんだコンテンツはなく、
  安全性が確保された広告環境です。


●高い視聴完了率で広告認知を実現
└ 例えば、Web動画広告の代表格 YouTube広告と異なり、スキップは不可でしっかりと最後までCMが流れます。
  (平均視聴完了率は90%以上と言われています。)
  また、ユーザーは番組視聴という能動的な目的を持つため、専念視聴の割合が高い傾向にあります。


 出典:【簡易版】TVer広告 セールスシート 2021/4-6 




『Web動画広告のように、様々なデータと掛け合わせて高精度なターゲティングができる』を詳しく

先ほど「TVer広告の種類」の項でも簡単に記載した通り、
TVer広告は、精度の高い情報(属性、番組コンテンツデータ)を活用したターゲティングが可能です。
また、PMPメニューとして買い付ければ、3rdパーティーデータを組み合わせて、職業や年収、子供の有無、興味関心などを切り口にした多様なターゲティングが可能となります。

PMPの種類によっては、オフライン行動データを活用した配信やリターゲティング配信も可能であり、YouTube広告等のWeb動画広告にも引けを取らない、かなり精度の高いターゲティングが可能です。

また、その他Web動画広告と同様の良さとしては、
「15秒」や「30秒」といった特定の秒数に縛られないことも挙げられますね!




事例のご紹介

あるポイントサービス訴求において、テレビCMの補完として、TVer広告を実施した事例があります。
視聴完了単価では、YouTubeに劣るものの、テレビと同様でスキップ不可のため、視聴完了率は90%越えとなり、視聴単価を考慮すると、テレビの補完としてはYouTube広告を上回る効率で、認知に貢献しました。


結果———————————————————————-
Youtube:視聴完了率40% 、視聴完了単価2.1円

TVerPMP配信:視聴完了率が97% 、視聴完了単価3.9円

(弊社実績値より)
————————————————————————–



安価から試せる!ぜひ私にご相談を!

“ターゲティングできるテレビCM”TVer広告ですが、
費用面についても「(テレビCMと比較し)低予算から出稿可能で、テスト的な実施から始められる」
というメリットがあります。
本記事をお読みになり、興味を持ってくださった方は、是非わたくし鳥飼に(軽い気持ちで)ご相談ください!
貴社にあったプランを誠心誠意考え、アドバイスをさせていただきます!!

もっと知りたい方は…

icon この記事を書いた人

関連おすすめ記事

トップへ