ジェイアール東日本企画 オンライン相談室 キクコト

「キャラクターマーケティング」の事例&ノウハウ大公開。キャラクター活用で販売促進を実現!

鳥飼 悠人

鳥飼 悠人



こんにちは!ジェイアール東日本企画「キクコト」相談パートナーの鳥飼です。
「キクコト」は、お客さまの広告課題に対して無料相談対応から提案・実行までをサポートする、オンライン相談サービスです。

今回は、マーケティングや販売促進において、新たな手法をお探しの企業様向けの記事になります!
日本でも様々な成功事例がある「キャラクターマーケティング」について、ご紹介いたします。



目次

 

キャラクターマーケティングとは:キャラクターを活用してブランディングや販売促進を図る手法

皆さん、「キャラクターマーケティング」と聞いて、どのようなことを指すのかはっきりと理解されているでしょうか。かなり広義な言葉でもあるので、本記事においては「キャラクターマーケティング」を、自社が開発、もしくは起用したキャラクターに愛着を持ってもらうことで、ブランディングや販売促進を図るマーケティング手法 だと定義いたします。

キャラクターマーケティングで、期待できる効果は?


自社が生み出したキャラクター自体の人気が高まれば、俳優やアイドルといったタレントを起用した時と同様の効果を、契約金等を支払わずに期待でき、マーケティング手法として様々な企業が取り組んできた歴史があります。(場合によっては、グッズの販売収入等で新たなビジネスチャンスを得る可能性をも秘めているのが、キャラクターマーケティングです!)

また、既存の知名度のあるキャラクターを活用することで、商品の販売促進を行うことも広義でのキャラクターマーケティングに含まれます。





キャラクターマーケティングのメリット

キャラクターマーケティングには、大きく分けると2つの手法があり、メリットも違います。その2つの手法別にメリットをご紹介します。




①自社キャラクター開発の場合


自社キャラクターを開発する場合は知名度0から始まり、かなり長期的かつ戦略的に発信しなくては世の中に浸透していかないキャラクターマーケティング手法で、難易度は非常に高いです。
しかしながら、もし人気キャラクターを生み出すことができれば、以下のような大きなメリットを享受することができます。

・キャラクターの使用可否を自社で決められる
・(原則)使用料が発生しないため、長期間利用できる
・表現チェックを自社で行うことがほとんどで、自由度が高い
・タレント起用とは異なり、スキャンダルや活動休止等のトラブルリスクが存在しない
・使用権と商品化権が自社にあるため、販促物への二次使用や他企業への版権提供によるビジネス展開も可能になる


※注意事項
オリジナルで作ったつもりでも、類似した意匠を商標登録されている場合があります。その場合は、損害金を請求されたり、訴えられたりするケースもあるので、実現には綿密な調査と確認が必要です。



例えばSNSで共有されるほど世間的に認知の出た企業・サービスキャラクターを挙げ、キャラクターマーケティングの事例を見てみます。



これらはまさにキャラクターマーケティングの成功事例ですね。

当社でもクリエイティブセクションが中心となり、様々な企業キャラクターを開発・プロデュースしてきた実績があります。自社キャラクターの開発にご興味があれば、なんなりと「キクコト」へとご相談ください!





②既存キャラクター活用の場合


既存キャラクターを使ったキャラクターマーケティングのメリットは、
そのキャラクターの人気を、ブランディングや販促に存分に活用できることです。
さらにファンを多く抱えるキャラクターであれば、コアファンが能動的に見つけ、商品を買ったり拡散してくれたりすることもあります。
自社キャラクターを開発するのと比べると契約費やロイヤリティといった費用がかかりますが、即効性と確実性は大きく上回る手法です。




キャラクターマーケティングの当社事例


当社では過去、様々な既存キャラクターマーケティング施策を行ってきました。
本サイトに上がっている事例はほんの一部になりますが、ご紹介いたします。



★映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ タイアップ商品化施策

■事例詳細はこちら https://online-soudan.jeki.co.jp/works/strategy_design/yamazakipan/



★進撃の巨人×NewDaysプレゼントキャンペーン


人気テレビアニメ「進撃の巨人」の新シーズン放映に合わせ実施した、マストバイ形式の販促アイデア。コアファン層による商品購入を促しました。

■事例詳細はこちら https://online-soudan.jeki.co.jp/works/character_animation_movie/jr-cross-02/



(オンライン相談では、さらに様々な事例をお伝えできます!)




キャラクターマーケティングまとめ



価値観も購買行動も多様化した今、販売促進やブランディングの成功は一筋縄ではいきません。
その中でも、「会社そのものだけではなく、是非このキャラクターを好きになってください」というメッセージで企業のファンを獲得し、販促を実現するキャラクターマーケティングは、これからの時代も必要とされるマーケティング手法だと考えております。

ここまで読んでいただき、
・自社キャラクターを開発するにもなにから始めるの?
・どんなキャラクターを作ればいいんだろう?
・人気キャラクターを使うにも契約とかよくわからない

そんな新しい疑問をお持ちになった方は、
キャラクターマーケティングの様々な実績を持つ当社運営のジェイアール東日本企画「キクコト」へ、
そしてこの鳥飼へなんなりとご相談くださいませ!

*オンライン相談サービスの概要はこちら


もっと知りたい方は…

icon この記事を書いた人

関連おすすめ記事

*

人気記事

【デジタルサイネージ導入企業】通信費用を安価にする方法|JR東日本企画
【事例で解説】企業ブランディング 成果を出す5つの実践ポイント
認知度向上を狙った施策の成功事例に学ぶ!認知獲得のポイントとは?
アイデアにお困りの方必見!販売促進の成功事例3選

PICK UP 事例

冬の風物詩となった「JR SKISKI」キャンペーン
JR東日本の公式キャンペーンと連動した企業コラボ事例LINE Beaconを活…
CMのためにオリジナルシーンを描き起こし!映画『天気の子』タイアッププロモーシ…
人気アイドル「乃木坂46」を起用した老舗和菓子メーカーのSNSプロモーション
トップへ