ジェイアール東日本企画 オンライン相談室 キクコト

応援広告とは?今話題の「応援広告」について解説!

小林 礼奈

小林 礼奈

初めまして!ジェイアール東日本企画の小林です。


応援広告連載企画と題し、本日から、応援広告のあれこれについてみなさんにお届けいたします!
(「キクコト」がオープンしてから初の連載企画ということで、ワクワクしながら筆を走らせる、ならぬ指を走らせております!)


 第1回となる今回のテーマは「応援広告とは? 推しに届く、新しい応援のカタチ」です。


さて、みなさん、駅を歩いていて、「投票してください」や「お誕生日おめでとう」といったアイドルに向けた広告を見たことがあるでしょうか。この広告は『応援広告』というもので、以前からありましたが、国内では2019年の冬ごろから徐々に増え始め 、定期的に掲出されるようになりました。


私は普段、広告会社の交通広告バイイングスタッフとして業務を行っておりますが、その傍ら、営業担当の先輩と二人三脚で応援広告の掲出サポート業務にも力をいれております!というのも、私自身プライベートで応援広告を掲出したことがあり、同じ想いを持つ方のサポートをしたく、この業務を担当するようになりました。


この連載企画で、応援広告に少しでも興味をもっていただけたら嬉しいです。
 社会人2年目となったばかりのひよっこですが、この連載企画にぜひお付き合いください。

 

 

目次

韓国では当たり前?応援広告とは?

まさに執筆中の現在(2021.5.25)は、池袋・新宿駅にたくさんの応援広告が並んでいます。

 

 

この応援広告、もともとアイドルやアーティストを応援する韓国ではメジャーな文化で、センイル広告(センイルとは韓国語で誕生日の意)とも呼ばれています。韓国では若者が集まる駅のあらゆる媒体に推しの誕生日をお祝いする広告が掲出されています。

※この連載では、応援するアイドルやアーティストのことを「推し」と表記します。

 

 

ソウル地下鉄では広告事業の20%を応援広告が占めているそうです。
コロナ前、よく韓国に旅行していたのですが、若者の街にある『三成駅』や『弘大駅』などの広告スペースはアイドルの誕生日やデビューを祝う応援広告で埋め尽くされていました。

 

 

応援広告は、『ファンダム』と呼ばれている団体が掲出していることが多いです。『ファンダム』とは、ファンクラブとは異なり、SNSを介して集まったファンの団体のことで、この『ファンダム』が有志でお金を集めて掲出しているというのが応援広告の特徴です。


「推しをお祝いしたい!」「推しをもっと多くの人に知ってもらいたい!」という純粋な想いを広告としてカタチにした、いわばファンから推しに送るプレゼントですね。


また、推しを多くの人に知ってもらうだけでなく、推しに「こんなにファンがいるのだよ」と伝えることができる手段でもあります。


広告で応援してもらったアイドルが、SNSで「広告ありがとう」といったメッセージを発信したり、アイドル自ら現地に足を運んだりすることもあり、応援広告はアイドルとファンとの「新たなコミュニケーション」の姿といえると思います。

 

 

 

 

そんなことまで?!応援広告事例を紹介!

ファンダムから推しに送られた国内外の応援広告の事例をご紹介します。なかには「広告を掲出する」という型におさまらない、思わず驚いてしまうような事例まで!

 

 

1.スタンダードな応援広告


応援広告の中で最も多いのが、駅や街中のビジョンといった広告媒体に掲出するかたちです。駅ポスター1枚から大型ビジョンにいたるまで、あらゆる広告媒体にファンダムから推しへのメッセージを掲出します。


また、中国のファンダムが韓国や日本に、日本のファンダムが韓国に、といったように国を飛び越えて広告を掲出することも可能です。


中国では、ビル一面の大型サイネージやドローンショー、アメリカではタイムズスクエアなど、スケールの大きい応援広告も出稿されています。

 

 

 

2.カプホルイベント


推しの写真やイラストが入ったカップホルダーを作成し、カフェで配布するイベントです。カップホルダーでピラミッドタワーをつくったり風船で店内を装飾したりします。

 

 

こちらはルミネエスト新宿店のコールドストーンで実施した時の様子。メンバーカラーに合わせてライトパープルに店内装飾しました。SNSでも「行ってきた」という報告が多く見られました!


様々な種類のカプホルがカフェに置かれるため、カプホル巡りも恒例行事になっています。

 

 

3.募金活動


推しの名前を名義にして募金を行う人もいるようです。

寄付をすることによって、社会にも役立ち、推しの好感度が上がるアシストになるかもしれません。アイドルの応援を通して、社会貢献できるこの活動は、とっても素敵ですよね!

 

 

4.少し変わったプレゼント


これはもはや「広告」とは言えないかもしれませんが…。


なかには海外の城の土地を贈ったり、月の土地を贈ったりする人もいるようです…!
月の土地なんて、もはや地球を超えて宇宙レベルのプレゼントですね!

 

 

 

 

 

応援広告はどうして増え始めたの?

国内の応援広告は2019年の冬ごろから徐々に増え始め 、定期的に掲出されるようになったとお伝えしましたが、これにはあるきっかけがあります。


それは、オーディション番組の開催です。


韓国の人気大型オーディション番組の日本バージョンで、候補生の中からファンの投票によってデビューメンバーを決める番組です。そのオーディションで、候補生の応援広告掲出を番組が公式に認め、広告用に候補生の写真を提供しました。


応援広告を出稿する際に気をつけるポイントとして、著作権、肖像権などの知的財産権がありますが、番組が公式に広告掲出を認めたことで、誰でも応援広告を出せるようになりました。 


また、交通広告は個人で掲出することをNGとしているところが多いのですが、ファンダム主導の応援活動を積み重ねることにより団体の一つとして認められるようになりました。


交通広告は、公共空間に掲出されるため、審査が必要となるのですが、実績が増えてきたことで認知されるようになり、応援広告を許可する鉄道会社が増えてきました。

 

 

 

 

応援広告は「推しに届く、新しい応援のカタチ」

◇応援広告とはファンから推しへの純粋な想いをカタチにしたプレゼント
◇応援広告の起源は韓国のセンイル広告


現在は日本でも実績が増えていくにつれて、認知も広がり、応援広告をサポートする広告代理店も増えて、どんどん掲出しやすくなっています。


次の記事では「応援広告の出し方」をテーマに、掲出までの手順を実際に掲出した方のお話を交えて解説していきます!こちらもぜひご覧ください!

 


 
 

応援広告を掲出したい方は、

■団体名…
■代表者氏名…
■メールアドレス…
■電話番号…
■応援したいアーティスト名…

を記入してcheer-ad@jeki.co.jpまでご連絡ください。記事の感想もこちらのメールアドレスまで!

 

 

Twitterもやっているので、ぜひチェックしてください!

 

もっと知りたい方は…

icon この記事を書いた人

関連おすすめ記事

トップへ